Mipoの旅して♡Korea

韓国旅行初心者さんのための留学経験者Mipoによる楽しい韓国旅行講座♪定番はもちろん意外な穴場スポットや、初心者さんでもカンタンに覚えられる便利な韓国語などを分かりやすくお届け☆

韓国旅行でしつこい店員やナンパをシャットアウト!上手な断り術

こんにちは!Mipo氏です(*´罒`*)♡

 

皆さんは、韓国旅行でいらない商品をしつこく勧められ…

断れなくて仕方なくずっと話を聞いた結果、最後まで断れずに買うはめになる。

こんな経験ないですか?

 

しつこい勧誘話を聞きながらもう一刻も早くここを離れたい!

と思ったことはないですか??

 

今日は、そんな時に使えるお断りフレーズをお教えしたいと思います!

 

 

 安易な「ケンチャナヨ」が一番危険

 

最初に話しておきたい大事なポイント!

韓国人や日本人もよく使う「大丈夫」という意味の「ケンチャナヨ」。

お断りする際に「けっこうです」という意味で「ケンチャナヨ」を使うと面倒なことになる場合も。

「ケンチャナヨ」はとらえ方によっては肯定の意味にとられることもあります。

断りたかったのに、真逆の意味にとらえられて面倒なことにならないように

断るときは、あいまいな言葉を使わずハッキリと断るようにしましょう。

では、実際に使えるフレーズを紹介していきます♪

 

 

しつこい店員さんを断るフレーズ

 

 

①「ぴりょおぷそよ(필요 없어요)」(いりません)

必要ないもの、興味のないものをしつこく勧められても正直時間のムダ!

そういう時は「必要ない」「いらない」ことをはっきり伝えましょう。

さっさと切り上げて次の観光へGO!GO!

 

では、具体的な使い方をみていきましょう♪

 

自分に必要ない商品をしつこく勧めてくる店員さんにはハッキリと!

<例>

店員「このクリームすごくいいんですぅ♡私も毎日ぬってるんですけど~グダグダ…」

自分「ぴりょ おぷそよ」

 

店頭でオマケを配る店員さん(もらったら店内に誘導される)もシャットアウト!

<例>

店員「おねーさん、タダでパックあげるよ!」

自分「ぴりょ おぷそよ」

 

 

②「しがに おぷそよ(시간이 없어요)」(時間がないです)

 

それでもしつこく話を続けるようなら「時間がない」ことを伝えてみる。

早く次の場所に行きたい!私の貴重な時間を取らないで!と正直に言いましょう。

 

具体的な使い方♪

 

いらない!と言ってもまだ話してるよ…っていう店員さんへ。

<例>

店員「今のセール期間を逃すともったいないですよぉ~グダグダ…」

自分「しがに おぷそよ」

 

店頭でオマケを配る店員さんが思った以上にからんでくる!

<例>

店員「ねーねーねー!そこのおねーさん!ちょっとこっち来て!いいものあげる!」

自分「しがに おぷそよ」

 

 

③「ほんじゃそ ぽごしぷんでよ(혼자서 보고싶은데요)」

(ひとりで見たいんですけど)

 

 

しつこい店員をうまく振り切った!と思ったら…

今度は無言でめっちゃついてくる!!!!!

落ち着いて見れない…ゆっくり見たいのに…。

そんな時は「一人で見たい」とハッキリ言いましょう。

 

では、具体的な使い方をみていきますよ♪

 

背後にずっと店員!話しかけるタイミングうかがってる?ゆっくり見れない!

<例>

店員「…」

自分「ほんじゃそ ぽごしぷんでよ」

 

 

 

クラブ等での面倒なナンパを断るフレーズ

 

①「あんがよ(안 가요)」(行きません)

どこかへ連れ出されそうになった時は「行かない」とはっきりいいましょう。

見知らぬ土地で知らない人について行ってはいけません!(笑)

 

では、具体的な使い方をみていきましょう♪

 

クラブで出会った男の子。どっか行こうって言ってるみたいだけどちょっと怖い…。

<例>

「ここ抜けて2人でどっか行かない???」

自分「あんがよ」

 

友達が連れ出されそうになってる!助けなきゃ!

<例>

「じゃーお友達も一緒に行けばいいじゃん♪」

自分「あんがよ」

 

 

②「とらがや でよ(돌아가야 돼요)」(帰らなきゃ)

しつこく付きまとってくる男を振り切るには「もう帰る」という意思表示をすれば諦めてくれるはず!

 

では、具体的な使い方をみていきましょう♪

 

1度断ったのに連れ出そうとしつこい!

<例>

「ちょっとくらいいいじゃん~!ねーねー行こうよ~」

自分「とらがや でよ」

 

明日仕事や学校があるし、早く帰りたいのに話が終わらない!

<例>

 

「何の仕事してるの?明日休み?どっか行こう♪」

自分「とらがや でよ」

 

 

③「いるぼんさらみ あにえよ(일본사람이 아니예요)」

(日本人じゃないです)

たまに知ってる日本語を駆使してしつこく口説いてくる男もいたりする。

だいたいの人は外見で日本人だと勝手に判断してくるので

「日本人じゃないです」って日本語がわからないフリをしてみよう!(笑) 

 

では、具体的な使い方をみていきましょう♪

 

やたら日本語で話しかけてくる男。

<例>

「日本人かわいい~☆ぼくとあそびにいこう♪」

自分「いるぼんさらみ あにえよ」

 

ナンパじゃなくても使える!

店頭では日本語で客引きされることも…。

<例>

 店員「こんにちはぁー!パックやすいよー。これあげるよー。」

自分「いるぼんさらみ あにえよ」

 

Mipo氏は店頭での勧誘はたいていコレでかわしています。(笑)

 

 

今回は、韓国語でのお断り術をお伝えしました!

もっと使えるフレーズを思い出したら随時更新しますね♪