Mipoの旅して♡Korea

韓国旅行初心者さんのための留学経験者Mipoによる楽しい韓国旅行講座♪定番はもちろん意外な穴場スポットや、初心者さんでもカンタンに覚えられる便利な韓国語などを分かりやすくお届け☆

辛い物嫌いな私が食べた!辛い物嫌いな人でも食べられる韓国料理まとめ☆

 こんばんは!Mipo氏です(*^_^*)

今日は、韓国料理についてのお話。 

実はMipo氏、辛い物が苦手であります。

韓国料理って辛い物が多いですよね???

Mipo氏は最初の頃、韓国で出される料理は何でもかんでも全部辛いと思っていましたw

でも、韓国を好きになり、実際に住んでみると…

意外と辛くない料理もいっぱいある!!!ということに気づきました☆

 

そこで今日は、辛い物嫌いなMipo氏が食べられた!辛くない!しかもおいしい韓国料理をご紹介したいと思います♪

 

 

キンパッ(海苔巻き)

 Mipo氏が留学してから数日間食べ続けていたのがこの「キンパッ」。

 まだ語学堂も始まっておらず友達がいなかったので、テイクアウトできて辛くない料理を探し歩いてたどり着いたのが「キンパッチョングク(海苔巻き天国)」というお店。

 

f:id:tabishite_korea:20180808000315j:plain

野菜や卵の入ったオーソドックスな物から、チーズや牛肉、トンカツが入った物までバラエティあふれる「キンパッ」のとりこになったMipo氏。

 

f:id:tabishite_korea:20180808000340j:plain

↑↑キンパッチョングク(海苔巻き天国)のチーズキンパッ。たくあんのパリパリとした食感がクセになる♪

 

価格も1本100円~500円くらいで安く買えるし、何より日本の海苔巻きよりデカい。

多分、日本で言う恵方巻きくらいある。(お店によっては細いタイプのキンパッもある)

 

f:id:tabishite_korea:20180808000325j:plain

↑↑具がたっぷりだから太いし、長い~!

 

テイクアウトしてホテルやゲストハウスで食べてもOK♪

辛いの苦手さんは、まずは手堅くキンパッから挑戦してみましょ☆

 

 

ソルロンタン(牛骨スープ)

 実は留学して3日目で体調を崩し寝込んだMipo氏。

温かい物が食べたい…フラフラのMipo氏が見つけたお店が「シンチョンソルロンタン(新村ソルロンタン)」

むむ…ソルロンタンとは…!?

なんと、当時のMipo氏はソルロンタンを知らなかった!!!

店の外観にあったソルロンタンの写真が美味しそうに見えたので入ってみることに。

出てきたのは白濁したスープとご飯、キムチ。

 

f:id:tabishite_korea:20180808000715j:plain

温かい物を欲していたので大喜びでスープをすする。

(((薄っっ!!!!味、うっすー!!!)))

濃味を好む地方在住のMipo氏にとって、もはや味がしない。

風邪だからかな?ともう一口。

よく味わってみると、臭みの無い優しい牛骨スープの味。

病み上がりの体にはこのくらいの方がいいのか…。

と自分を納得させるも、さすがにご飯のおかずにはならなかったのでキムチをおかずにご飯を食べる。

半分ほど食べた頃、近くに座った地元のオジサマがソルロンタンを食べ始めた。

すると、スープを飲む前に何やらテーブルに備え付けてあった白い粉末を入れている。

 

塩だった。

 

薄いわけだよ…。

オジサマにならって、小さじ2杯分くらいの塩を入れてみた。

(((うめーーーー!!!)))

牛骨の味がしっかりと感じられ、肉の味を引き立たせる抜群のスープに。

半分ほど残っていたご飯も一気になくなった。

韓国ではこんな風にお店で出されるものでも、自分で味を調整するタイプの料理がたくさんある。

「なんか味しねーんだよなー」

と思ったら、テーブルの上を隅々まで見渡してみてください。

きっと味付けをする何かがあるはず!!!

結論。ソルロンタンは辛くない、そしておいしい食べ物でした。(笑)

 

プルコギバーガー

 語学堂がスタートし、朝から昼まではみっちりお勉強の生活。

授業は昼までだったので、授業が終わるとクラスのみんなでご飯に行くのが日課に。

食べ物屋に詳しくない最初の頃はファストフードばっかり食ってました。

近くにロッテリアやマックがあったので、そこで食べたり宿題やったりしてました。

そんな時Mipo氏がいつも決まって頼んでいたのが「プルコギバーガー」。

日本で言うテリヤキバーガー的な存在で、どのファストフード店にもだいたいあります。

見た目とかタレの感じもテリヤキっぽいのですが、Mipo氏はテリヤキバーガーより、プルコギバーガーが大好きなのであります。

プルコギの味を再現しているかと言われるとそうでもないですが(笑)

日本でいう、バーベキューソース的な味がして好きなんですよね♪

そして1番オーソドックスだからか、安いし☆

日本にも韓国にもあるファストフード店に行って、日本にない味を試してみるのも楽しいですよ♪

辛い物も少ないし!!!

 

チャジャンミョン(ジャージャー麺)

 学校の通学路にあった「チャジャンミョン」のお店。

気になったので、ある日のランチでみんなで行くことに♪

韓国ドラマでみんなが口の周りを真っ黒にしながら食べているあの「チャジャンミョン」

 

実物は…やっぱり黒い!!!(笑)

 

f:id:tabishite_korea:20180808000709j:plain

 

韓国ドラマみたいに、箸でぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べてみる。

 

(((うまっっ!!なんか香ばしい味がする。)))

 

日本にはないテイストの味。

おこげっぽい香ばしい味なんだけど、どこかほんのり甘い不思議な味。

なんか…クセになる~☆

付け合せのたくあんと玉ねぎは、チャジャンミョンを注文すると99.9%くらいの確率で出てきます。

なぜに玉ねぎ???しかも生!!!と思いましたが。(笑)

味に飽きたときとか、胃もたれの予防に食べるとイイらしいです。

ちなみに玉ねぎは、横にある黒い味噌をつけて食べます。

Mipo氏的には、別に玉ねぎがなくてもいいのになぁと思いながらも、韓国にカブレたかったので食べてましたw

 

 

肉・肉・とにかく肉

韓国で友達ができてからというもの、なにかにつけて肉を食べていました。(笑)

だって確実に辛くないし、うまいんだもーん☆

一口に「肉」と言っても、日本と同様、韓国にも沢山の種類の肉があります!

その中でもMipo氏が大好きな韓国のお肉ベスト3>を紹介しようではないですか♪ 

 

第3位<コプチャン>

 韓国の”ホルモン”である「コプチャン」。

くちゃくちゃと噛み切りにくいし、臭みがあったり…とホルモンが苦手な人も多いかもしれません。Mipo氏も日本では好き好んでホルモンを食べる方ではないです。(笑)

でも、韓国の「コプチャン」は食べてしまうんですよね~。

コプチャンは柔らかくて、臭みもない!

そして、お酒のつまみにピッタリなんです!!!

最初の写真のように、長いまま焼き焼きして…

f:id:tabishite_korea:20180808001048j:plain

 

焼けたらチョキチョキ切って召し上がれ~☆

 

f:id:tabishite_korea:20180808001042j:plain

そして、コプチャンを注文するとだいたい付け合せにレバ刺しが…!

日本では食べられないレバ刺しが「バンチャン(付け合せのおかず)」としてついてくる♪

基本、韓国の「バンチャン」はおかわりできるので、コプチャン頼めばレバ刺し食べ放題…なんか得した気分(*^_^*)

Mipo氏はレバーを生以外では食べられないので、とっても嬉しいのであります♪

まだ、食べたことない人は是非食べてみてください~!

 

 

第2位<サムギョプサル>

韓国の焼肉の定番「サムギョプサル(豚ばら肉)」。

”私は冒険したくありません”

”良くわからない肉は怖くて注文できません”

という人は、まず、サムギョプサルを注文しましょう♪

サムギョプサルにハズレはほぼないです。(笑)

まずは切らずに肉を焼き焼き~

f:id:tabishite_korea:20180808001031j:plain

 

焼けたらチョキチョキ切って…

 

f:id:tabishite_korea:20180808001025j:plain

一緒についてくる辛みそや、ごま油のタレにお肉をちょっとつけて…

サンチュに巻き巻きして食べてみてください♪

そりゃーうまいっすよね。

お肉につける辛みそはそこまで辛くはないんですが、気になる人はごま油のタレがオススメ♪

多分、ごま油に塩を加えてるだけのタレなんですが、これがなかなかウマい。

↓この写真で言うとこれですね☆

 

f:id:tabishite_korea:20180808001948j:plain

皿が小さいので、毎回つけるとすぐになくなります。(笑)

なくなったら、皿を出して「いご と じゅせよ~」と言えばおかわりをくれますよ☆

 

 

第1位<カルメギサル>

Mipo氏が留学中、ドハマりしたのがこの「カルメギサル」 (豚ハラミ)。

これがうんまい!!!

食感は柔らかいけど、コプチャンやカルビと比べて歯ごたえがしっかりしている感じ。

噛めば噛むほど味がでて、うまいんです♪

そして脂身が少ないから胃もたれしないし、いっぱい食える!

しかも、カルメギサルは普通の焼肉店なら大体ある「サムギョプサル」とか「カルビサル」と違って、よっぽど沢山のメニューを置いてる店やカルメギサル専門店にしかない。

よっぽど毎回食べることに夢中だったんでしょう。

カルメギサルの写真がこれしかないw

 

f:id:tabishite_korea:20180808001501j:plain

それほど、うまいんです!一度ご賞味あれ!!!

 

 

ムルネンミョン(水冷麺)

 焼肉を食べると無性に食べたくなるのが「ムルネンミョン」。

焼肉の最後に「ムルネンミョン」がないと締まらない体になってしまったMipo氏。

盛岡冷麺と違って、極細麺で噛み切りやすいしサッパリしてる!

 

f:id:tabishite_korea:20180808001442j:plain

ただ、↑↑このままだと麺が長くて食べにくいので、一緒に出されるハサミで麺をチョキチョキ~☆

Mipo氏はいつも縦と横に1回ずつ切って4等分にします♪

短くなりすぎても食べにくいので、これくらいがちょうどいい!!!

焼肉で脂ぎった胃袋をサッパリさせるにはネンミョンが1番(*^_^*)

Mipo氏はスープまでキレイに飲み干します!

暑かろうが、寒かろうが、肉の後にはネンミョン♪

これ、本当にクセになりますよ~!!!

ただ、ネンミョンも味が薄いまま出てくることが多いので、セットで出されるお酢で味をお好みに調節してくださいね☆

お酢と一緒にからしが出てくると思いますが…辛いのが苦手な人は入れないことをオススメします!!!

 

あと一つ注意してほしいのが…

ネンミョンがある店にはだいたい置いてある、ネンミョンに似ている「ビビンネンミョン」

 写真があれば一目瞭然なんですけど「ビビンネンミョン」は真っ赤な激辛ソースで麺を和えるタイプの冷麺で、これめっちゃくっちゃ辛いです!!!!!

「ネンミョン」という名前に惑わされないように要注意!!!

Mipo氏はこれでえらい目にあいました…(笑)

 

「ネンミョン」だけでもおそらく通じますが種類を間違えて出されては大変なので、今回はあえて「ムル(水)」をつけて説明しました。「ムルネンミョン」といえば100%辛くない普通の冷麺が出てきますよ♪

 

 

タッカンマリ(まるごと鶏鍋)

 留学中にクラスの友達が「タッカンマリ」を食べたい。

というので、連れられて行った東大門のタッカンマリ横丁。

そこで出会った「タッカンマリ」にMipo氏は恋をした。

「タッカンマリ」=「鶏1匹」という意味で、その名の通り内臓を取り除かれた鶏さんが丸ごと1匹鍋に入っている料理。

注文すると同時ぐらいに鶏さんの入った鍋が目の前でぐつぐつ茹でられていく。

 

f:id:tabishite_korea:20180808001455j:plain

ぐつぐつの間は、テーブルに置いてあるタレやニンニクをまぜまぜして、自分のお好みの漬けだれを作っておくと完成後すぐに食べられますよん♪

 

ぐつぐつは放置しておくと、店のおばちゃんがいいタイミングで鶏をチョキチョキしてくれるので、だいたいそれが「はい、もう食えるよ~」の合図。

そしたら、漬けだれに鶏さんをつけて食べてみましょう☆

柔らかくてほぐしやすい鶏さんはめちゃくちゃうましです!!!

そして、何よりもこのスープが美味なのです!!!

スープをよりじっくり味わうため、締めに「ククスサリ(麺)」を注文♪

ククスサリもぐつぐつ~♪

f:id:tabishite_korea:20180808001449j:plain

この絶品スープに程よくしみこんだ麺がうまい!!!

タッカンマリとククスサリはセットで注文するのがオススメです☆

 

以上、Mipo氏がオススメする、辛くない!しかもおいしい韓国料理!でした♪